EagleDay_Logo (2024)

日程  2024.4.18 (木)

時刻 15:00 ~ 18:00

EagleDay_Logo (2024)

秘密計算✕AIで業界の常識を変える最新事例、コラボレーション事例をお届け!

日程:2024.4.18(木)

時間:15:00 ~ 18:00

EAGLYSは秘密計算✕AIにより、様々な業界の常識を変えることでイノベーションを起こし続けます。
EAGLE DAYでは、秘密計算✕AIに関わる最新のイノベーションについて、パートナーとエキスパートたちとともにお届けします。ぜひご登録ください。

 

開催概要】

  開催日時 2024年4月18日(木)15:00-18:00

  開催場所 オンライン/ 会場(ご招待制)

  定  員 500名


※会場でのご参加はご招待のみとなっております。
※本イベントは事前登録制となっております。
※本イベントのご参加にあたって費用は発生いたしません。
※競合他社の方のお申し込みはお断りさせて頂く場合がございます。
※定員に達した場合は抽選となります。予めご了承ください。
※抽選結果のご案内は、4月上旬の送付を予定しております。
※ご登録いただいた方には後日オンデマンドでの配信を予定しております。

アジェンダ

15:00~15:20
ご挨拶ならびに基調講演

EAGLYS 株式会社
代表取締役社長        今林 広樹

 


15:20~15:50
基調講演 組織間連合学習による社会課題への取組み

神戸大学
数理・データサイエンスセンター 教授 小澤 誠一

 


16:05~16:45
秘密計算で変わる!? HR領域での社員データ活用  ~Human Informatics~

EAGLYS 株式会社
プロダクト ヴァイスプレジデント  阿須間 麗
エンジニアリング ヴァイスプレジデント  長尾 太介

EAGLYSでは化学業界のマテリアルズ・インフォマティクスに続く新たな秘密計算活用領域として、社員データの活用に着目しています。現状社員データは、社員自身のサーベイ入力に頼らざるを得ないため、非常に客観性が低いデータとなっています。ここに秘密計算×AIを用いることで、プライバシーを守りつつデータを収集し、客観的な視点で社員個々の特性を分析することができると考えています。本セッションでは開発中プロダクトのデモンストレーションを交えながら紹介いたします。


17:00~17:30
秘密計算の民主化へ:TEE運用プラットフォームによるシンプルな構築

Fortanix, Inc.
Business Development Japan  新免 泰幸

秘密計算のひとつとして、信頼できる実行環境(TEE)を用いるコンフィデンシャルコンピューティングに注目が集まりますが、技術的なハードルにその構築と運用の複雑さがありました。本セッションでは、ハードルを克服し秘密計算を多くの事業者に利用いただけるプラットフォームをご紹介します。また、Fortanixの技術を用いて実現した、TEEならではの世界の事例もご紹介します。


17:30~18:00
完全準同型暗号の秘密計算高速化が牽引するコミュニケーションの革命

オクシア株式会社
先端技術研究所 研究戦略企画室 吉水 康人

今回の共同開発で当社とEAGLYSが選択した暗号化手法は、これまでなかなか手を出せなかった四則演算のすべてが可能となる完全準同型暗号です。この手法がマチュアになれば、秘密計算のユーザビリティは高まり、開発リードタイムも短くなるでしょう。高速化の開発は第一歩を歩んだところではありますが、今後もアルゴリズムと半導体の力で数桁のオーダーでスケールし、秘密計算が社会に拡がる未来が目の前にみえています。その社会で実現するのは、コミュニケーションの革命。そこにデータはないのに、伝えたいことが伝わっていく、まるでテレパシーのような第六感コミュニケーションが実現できる未来を描いています。

スピーカー

LP_Ozawa_speaker

小澤 誠一

神戸大学
数理・データサイエンスセンター 教授

LP_Imabayashi_Speaker

今林 広樹

EAGLYS株式会社
代表取締役社長

LP_Nagao_Speaker (2)

長尾 太介

EAGLYS株式会社
エンジニアリング
ヴァイスプレジデント

LP_Asuma_Speaker (3)

阿須間 麗

EAGLYS株式会社
プロダクト
ヴァイスプレジデント

LP_Speaker (Shinmen-san)

新免 泰幸

Fortanix, Inc.
Business Development Japan

LP_Speaker_Yoshimizu-san

吉水 康人

キオクシア株式会社
先端技術研究所
研究戦略企画室